デリヘルと他風俗はここが違う

「風俗の中でもデリヘルが最高!」と豪語しているけど…じゃあ具体的に他の風俗とデリヘルはどこがどう違うの!?という方のために、他風俗とデリヘルの違いをまとめてみました。他風俗の特徴とも合わせて参考にしてください。

デリヘルとピンサロの違い

ピンサロというのはピンクサロンの略で、リーズナブルな料金がウリの簡易的な風俗です。プレイ内容は手コキ、フェラが中心になっています。料金相場は30分で5,000円〜8,000円くらいではないでしょうか。ピンサロが他の風俗と違う決定的な部分は、届出上が「飲食店」になっていることです。ピンサロは一応飲食店という形態で営業をしていることになっているので、シャワールームは設置できません。代わりにプレイ前はおしぼりで体をキレイに拭きます。そして飲食店なので飲み物があります。お酒類は有料で、ソフトドリンクは無料、というところが多いですね。

タイミングが良ければピンサロ名物の「花びら回転」(ピンサロ場が途中で交代するシステム)が楽しめるかも知れません。デリヘルよりも全体的に安い料金と回転の良さがピンサロのウリです。しかし地雷嬢やぼったくりや衛生面で安心できないお店も多いので、利用するお店はよく選んで!

デリヘルとヘルスの違い

ヘルスはファッションヘルスの略で、風俗の中で最も一般的な業種です。店舗を構えていて、プレイルームがあります。受付を済ませ各プレイルームに入室し、ヘルス嬢と思い思いの時間を過ごすわけです。これを出張版にしたのがご存知デリヘル。プレイ内容はヘルスと同じですが、店舗ではなくなる分、出来ないことも出てきてしまいます。その分、待ち合わせデリヘルや自宅でのプレイなど、普通のヘルスでは体験できないことも出来るので、どちらを利用するかはケースバイケースです。

デリヘルとホテヘルの違い

ホテヘルは受付を一旦店舗で行います。しかしホテヘルは店舗内にプレイルームがありませんので、店舗で受け付けをしたらホテヘル嬢とともに近隣のラブホテルなどへ移動しなくてはいけません。その時間をちょっとしたデート気分で過ごせるのが、ホテヘルの魅力です。

デリヘルと混同されがちですが、ホテヘルは出張を行っていませんので店舗に行って受付をしなくてはいけません。

デリヘルとソープの違い

ソープとはソープランドの略で、俗に「風俗の王様」などと呼ばれたりもします。いわゆる「風俗の中で唯一、“某行為”がプレイできる風俗」ということです。そのからくりはソープが取っている営業形態にあります。

ソープは届出上「公衆浴場」ということになっており、料金表にもプレイに関する金額は明記せず「入浴料○円+サービス料」といった書き方で済ませています。この場合サービス料がプレイ料金のことであり、入浴料の2倍が大体の相場です。

そしてそこにいる女性は「入浴補助」という位置付けになっています。つまり店側が仕事としてプレイを強要している、というスタイルが表向きには取られていないことになっているのです。個室で男女が裸になって入浴し、そこで起きる様々なことは個人間でのやり取りとする…そういう仕組みがあるわけですね。なので料金表にもざっくり「サービス料」とだけ書かれてあるのです。「プレイ料金」などと書いてしまうと、店側が性的プレイを実行させていることになりますから。

ソープランドにも店の良し悪しがあります。特に料金は不明瞭なので、初心者はまず金額を確認しておいた方がいいでしょう。あとは性病の危険ももちろん高いですので、自己責任と予防をしっかり意識してくださいね!

デリヘル嬢の写真がいっぱい!安心のデリヘル選び★

デリヘル