高めの大衆を選ぶか高級店を選ぶべきか?

風俗店は値段によってランク分けされていますが、難しいのが各値段ランクの境目ライン。高めの格安店と大衆、大衆の高級よりと高級店など、その小さな差はいったい何が異なるのか? ここではそんな疑問を解説していきたいと思います。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

明確な区別が存在しないランク分け

デリヘル選びも他店との比較をして行くことが大切ですが、お店のグレード分けは果たしてどのように決まっていくのでしょうか?

格安、大衆、高級の主に3つのランクと言いますか、値段層に分かれるデリヘルですが、基本的に利用料金が高くなるにつれ、女の子の質・サービスが高くなることは言うまでもありません。

その値段層に関しては以下の通りです。

@格安店……8000〜10000円程度

A大衆店……13000〜25000円程度

B高級店……30000〜100000円程度(上限はなし)

がそれぞれの値段のラインになっていますが、どこからが大衆でどこからが高級というものの明確な基準はありません

紹介WEBサイトがこのお店は高級と言えば高級になりますし、60分24000円の大衆店でもお店側が高級と自称すれば高級店になる、なんとも曖昧なものになっています。

高めの大衆と高級店の違いは大差ない?!

サービス料のボーダーライン、デリヘルランクの振り分け方を説明しましたが、場所によって家賃が違いますし、お客の層や収入の平均も異なる為、デリヘルの所在地によっても大衆、高級等のランク決定や値段層は変わります。

さて肝心の値段が若干高めの大衆店と高級ラインのお店の違いについてですが、結論からいうとそこまで大きな大差は見られません

特に老舗と呼ばれるデリヘルだったり、自分のお店の伝統に自負を持つところは、高級店に届かないギリ大衆店であっても、そのサービスの高さ、満足度が高級店並みとレビューされることはしばしば。

ただし比較対象が高級店の中でも超高級に位置するようなデリヘルの場合、やはり意味あるサービスや接客の良さを感じずにはいられません。

その例として挙げられるのがAV女優やモデル、元芸能人などの肩書を持つ女性が多く在籍していたり、性病感染に対するお店の管理が行き届いているなどの面で特に優れています。

またデリヘルあるあるのパネマジ修正率の低さや、別人が来る可能性が至極少なくなるのは、高級ラインの強みと言えるでしょう。

コンセプトを気にかけたお店選びを!

高級店と呼ばれる値段層に位置するお店はプレイの質の高さ、安定のキャスト層、そしてお店の内勤スタッフの洗練された教育、衛生管理が自慢です。

しかしながらそこそこのお値段がするため、なかなか利用したくてもできない方も多いと思います。そんな時こそスタンダード以上の大衆店のドアをノックすべし。

費用が数千円浮くだけでなく、中には高級並みのルックスの女の子も在籍しており、トータルの費用対効果は悪くありません。ただし地雷にパネマジを踏む可能性は否定できないので、自爆要素はアリ。

非常に定義付けの難しい高めの大衆店ではありますが、そもそもの遊びたいプレイやフェチ、自分の性的な嗜好を十分わかった上でコンセプト店を選べる場合はなお良し。

キャストのレベルだけでなく、そもそも満足度に直結するフェチプレイや女の子のタイプを限定できるので、巨乳、人妻や脚フェチなどの特定分野に特化したサービス希望の場合は、高級店に近いラインの大衆デリヘルでも大変な満足度を得られることでしょう。

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース