デリヘル嬢のアソコから出血-これ安心?―これ安心? 体験例

ふとした瞬間に、怪我をしていた!そんなことは珍しくありません。そしてデリヘル嬢のデリケートな部分から、ちょっとした血液が滲んでいた!そんな経験がある方もいることでしょう。 でも血液って……、確か性病罹患の媒体にもなるはず。今回はデリヘル嬢のアソコから血が覗いていた時のリスク要因についてを解説していくので、風俗通い初心者からベテランの方までぜひ参考にしてみてくださいね。

安心デリヘル選びからの解答!

まずデリヘルを含め性風俗店で大なり小なりの出血が伴うことは、決して珍しくありません。

そして性器から出血というインパクトは男性客にとって小さくなく、女性の体調を気遣いながらも、「性病感染」の不安に駆られる男性は多いはずです。

性病は皆さんご存知のように、膣分泌液、唾液などと共に血液が感染経路になることがあります。そこからB型肝炎、梅毒やHIV感染することは否定できません。

デリヘルでは基本的に本番行為こそありませんが、クンニやスマタを通して、粘膜部位や口腔内に血液が付着する可能性は考えれます。

確率論で語れば、その可能性は小さいかもしれませんが、性病罹患はそんな隙をついて感染していくものです。

もし女性の性器に血液が付着していることがわかったら、数週間のスパンを置いて、性病科または保健所などでSTD検査を受けることを強く推奨致します。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

デリヘル嬢のアソコから出血-これ安心?―これ安心? まとめ

女の子が出血する訳

予期しない出血は女性にとっても、男性にとっても不安になってしまうものです。さてここでデリヘルキャストのアソコから出血する理由についてを、考察していきたいと思います。

@生理期間に突入している

A婦人科関連の病気などに罹患している

Bホルモンバランス

C性病に感染している

D外傷

まず生理に関してですが、通常生理期間はお仕事を休むのが鉄則ですが、中には生理が不規則な女性もいるので要注意。

また生理以外で出血する血液は不正出血と言いますが、その理由としては婦人科関連の病気や癌などの疑い、また性病に罹患することで血液が多くおりものに混入する場合も……。

デリヘル嬢の中にはピルを日常的に服用している女性もいますが、この副作用としてホルモンバランスが崩れ出血を起こすケースも稀にあります。

最後の外傷に関しては、男性が乱暴な指入れなどを行った際に、粘膜部に傷が付いてしまうことがよく報告されています。

このように様々なリスク要因が、女性のデリケート部位からの出血に繋がるっているのです。

粘膜部位とのナマ接触は避けるべき!

本番をしなければ大丈夫!と、根拠のない自信を持つ男性は少なくありません。しかしデリヘル嬢とのプレイで、血液を媒体とした性病に罹患するケースは前述の通り十分可能性として考えられます。

さてその感染予防対策として挙げられるのは、至極シンプルですが、粘膜部位とのナマ接触を回避することです。要するに女性の生殖器やアナルとの接触は必ずコンドームを通して行うという事を意味します。

フェラチオくらいナマがイイと言う方も多いと思いますが、口腔内の出血は気づきにくいですし、またスマタに関してもペニスが血と触れる可能性が捨てきれません。

その為最初から最後までコンドームを着用したプレイを心がけること、そして女性器を指や玩具などで乱暴に扱わず、クンニも避けた方がいいでしょう。

あれやこれやと制限が多いですが、行為の後に「あっ、血が出てる!」と騒ぎ立て後の祭りで意気消沈すればメンタルのダメージが大きいので、デリヘル利用の際は粘膜部位のナマ接触NGを意識するべきです。

もしものときのデリヘル安心ポイント

健康管理、プレイの意識が高いお店、女性選びが大切

日々男性との駆け引きを駆使しながらも、自分のアソコを酷使するのがデリヘル嬢というお仕事。

女性は上記で説明したような、ホルモンバランスであったり、お客とのプレイ、婦人科関連の病気で女性器から出血することが少なくありませんが、デリヘル嬢の中には自身の体調を顧みず出勤する猛者もいます。

例えば生理期間であったり、不正出血等が見られる場合はお仕事を一旦ストップするのがルールですが、その分稼ぎが無くなることから無理して出勤する女性が少なくありません。

基本的にこのような女性は自身またはお客に対しての意識、性病に関する知識が乏しく、また回転率重視のお店で鬼出勤している傾向が高まります。

皆さんも聞いたことがあると思いますが、料金価格が安くなるにつれ、風俗嬢としてのプロ意識や性病に関する認識が低くなる可能性が大きいということです。

それなりのお店で、風俗嬢としてのルールを徹底しているキャストは概して大衆〜高級の衛生対策に力を入れたお店に所属しています。これらのお店の女性陣は、女性器をデリケートに扱っているので、出血シーンに出くわすことは低くなります。

デリヘル遊びにおいてお財布事情はそれぞれありますが、安心安全、そして性病感染対策に軸を置いたお店選びは、値段以上に優先順位を付けなければならないということを忘れないでくださいね。

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース