自宅でデリヘル遊び―これ安心? 体験例

今年から一人暮らしを始めたので、今までホテルに呼んでたデリヘルを初めて自宅に呼んでみようかと思っています。
ホテル代浮くしひゃっほう!とテンション上がってたんですが、自宅に呼ぶのって住所とか個人情報的に大丈夫なのかな・・・と不安になってきました。
あとはデリヘル嬢を招くために必要な準備も分かりません。タオルとかどうするの?お風呂って溜めておくべき?

安心デリヘルの選び方からの解答!

デリヘルを利用している男性の約5割が自宅に呼んでいると言われています。つまりラブホ派と自宅派は半々ということですね。

デリヘルを自宅に呼ぶと住所がバレるという不安があると思いますが、店に知られたところで悪用されることはナイ!と言い切っても良いくらいです。店はただデリヘル嬢を客の元に送り届けるためだけにその情報を使います。自宅に呼んでいる男性が多いのは、トラブルなどがないからなんですね。

また、自宅にデリヘルを呼ぶ場合、ラブホテルと違いこちら側が招く側になり何をすればいいのか分かりませんよね。デリヘル嬢をスムーズにお迎えするために必要なモノや準備をお教えしていきます。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

自宅でデリヘル遊び―これ安心? まとめ

自宅デリヘルでこれだけは準備しておこう

デリヘルをラブホテルに呼んだ時にはあって自宅に呼んだときにはナイものといえば「タオル」です。店がタオルを用意してデリヘル嬢に持たせるところもありますが、そうでない店もたくさんあります。

デリヘルではプレイ前に1回、プレイ後に1回の計2回シャワーを浴びます。単純計算だとタオルは2枚必要ということになりますが、大きなバスタオルなら1枚でも全く問題ありません。

デリヘル嬢に「これ使って」と渡すと「ありがとうございます」と受け取ってくれます。

しておいたほうが好印象なこと

お風呂を溜めるのかどうか、というお話も出ましたが、お風呂は溜めても溜めなくてもどちらでもOKです。自分がデリヘル嬢と一緒にお風呂に入りたい場合や、秋冬で寒いだろうと気遣ってあげたい場合など、自分の気持ち次第で対応すると良いでしょう。

また、お風呂を溜めるとなれば浴槽掃除をすると思いますが、風呂場やトイレのような水回りとシーツや枕といったベッド回りは掃除・整理整頓をしておくと好印象です。

極端に汚くなければ必須ではありませんが、明らかに汚い・散らかっていて危ないといった状態ならばタオルと同じで「必ず」準備しておくことの中に入ります。

もしものときのデリヘル安心ポイント

優良デリヘルを使えばなお安心!

自宅に呼ぶことは怖いことでもなんでもありませんが、使うデリヘルが優良店であればなお心配要らずになるといえます。

デリヘルはきちんと許可を取って営業している店がほとんどで、それはデリヘルユーザーでも簡単にチェックすることができます。例えば当サイトに掲載しているデリヘル1分間!のような情報サイトは、営業許可証(番号)がないと掲載できない決まりになっています。

つまりデリヘル情報サイトや風俗情報サイトに掲載されている店というだけで安心のお墨付きがあるということですね。

それに店側もわざわざトラブルを起こして営業停止になるようなことはしません。風俗店はイメージとは反対に営業は「健全」に行っていることが多いのです。情報サイトで見つけたデリヘルを自宅に呼ぶ、これだけで安心です。

デリヘル嬢の写真がいっぱい!安心のデリヘル選び★

デリヘル