マグロ嬢が多い店の見分け方

寿司ネタとしてのマグロ、大トロは大歓迎ですが、流石に風俗店での大きなマグロ女性は勘弁してほしいものです。

お仕事なのだからしっかりサービスをしてほしい!と、喉の奥底に引っ掛かっているものの、なかなか言い出せない。今回はそんな大自爆コースのマグロ嬢を引き当てない為にできる工夫と、お店の見分け方について解説していきます。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

マグロ女とは?

地雷嬢とはルックス、年齢、スタイルがパネル画像と全く異なる以外にも、そのおざなりなサービスや「もう何でもしてください!」と言わんばかりに、ベッドに身体を横たえるマグロ女子も含んで地雷と形容します。

マグロとはつまり、やる気を欠如し、死んだ目をした女性のコトであり、プレイにおいて一切の積極性を見せないばかりか緊張しているのか、ザ・無反応。言われてみれば、漁業市場で乱雑に横たわる冷凍マグロに似ていますよね。

マグロ女を見つける方法を解説

さて敬遠されるばかりのマグロ姫ですが、お店、女性選びを然りと行えばある程度マグロを避けることも可能です。ここではそのマグロ回避の避雷針をいくつか紹介していきましょう。

@格安店を避けること

A電話口でため口、対応が雑に感じた場合はNG

B新人を謳う女性を避ける

C熟女、人妻系を避ける

これらが挙げられます。

マグロになる要因を考えると、女性が不感症であったり、若すぎるなども原因ですが、これらはデリヘルを含む風俗で事前に察知することは難しいです。

その為、「イケメンだけにやる気を出すデリヘル嬢」や、「そもそも惰性で仕事をしている女性」を排除するには、お店選びをまずは仕切り直すことが必要になります。

まず女性のやる気、士気の無さは仕事に対するプライドや向上力がない為に生じる現象なので、プロ意識高めの嬢が多い大衆の上、または高級店を狙いましょう。

料金は高くなってしまうかもしれませんが、そもそもお店の看板もそれなりに重たいものを背負っており、外見だけでない内面の魅力を加味した採用率は心強いですよね。

また電話やフロントでのスタッフの対応が悪い場合、同様に女性への研修・教育、衛生観念なども低いことが多くなりますよ。

お店の傾向としては女性としての価値が薄くなるコンセプトである「熟女、人妻系」もやる気が備わっていない嬢がワンサカいるので、右も左も分からない新人デリヘル嬢同様に注意が必要です。

責め好きの女性はどこにいる?

世の中には男性をトコトン責めたいという、Sっ気が強い女性も少なくありません。いわゆる痴女、女王様と呼ばれる類の女性陣ですね。

彼女らは自身がマグロになることはほぼなく、あくまでマグロ状態、受け身である男性を弄るのを趣味嗜好としています。

コンセプトで言うとSMやアナル開発、M性感などが当てはまりますが、これらのお店では予想を上回るアグレッシブ嬢が在籍しているので、マグロ嬢を引き当てることはほぼありません。

男性側がドSの場合は不向きな業種かもしれませんが、意外に自分はMの部分があるのかも!という男性にはオススメですよ。

客がマグロにならないように注意

風俗嬢は自分への行為を逆手に取るように、お客に対してのサービスへの反応をジッと観察しているものです。

女性が喘がないということに不平不満を抱く割には、男性客が反対にフェラの時に黙ってしまうことに、イラッとするデリヘル嬢は思いの他少なくありません。

自分ではそう思っていなくとも、無言になる瞬間、瞬間が多い場合や、女の子も責められてばかりでは疲れるだろうと、敢えてマグロになる男性もいます。しかしながら、デリヘルにおいても、あくまでウィンウィンの関係が理想であり、最低限の言葉、反応のキャッチボールは心がけ、自分自身がマグロにならない配慮も忘れないでくださいね。

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース